ITにおけるサイトの使い方

ITはすでに私達の生活になくてはならないものとなっています。そんな中で一番利用されているサイトはGoogle とYahoo! JAPANでしょう。インターネットをしているほとんどの人が自宅でも会社でも利用しているサイトです。特に物事について調べる時、Googleで調べると他とは少し違ったサイトも出てきて結構勉強になったりします。

サイト検索において重要な点は、確実な情報であること、検索する言葉にもよるところもありますが、欲しいサイトが早く探せることです。Google、Yahoo! JAPAN、MSN、GOOといろいろありますが、一つの言葉を検索しても同じ内容のサイトもあればそれぞれに違うサイトも出てきます。

ライターなどの仕事をしていると一つの言葉が気になり、徹底的に調べてみる時もあります。各社ともそれぞれの書き方をしているので面白ですが、どれを選べばいいのか分からなくなり、日本語って本当に難しいとつくづく思います。

Googleのサイトを仕事に利用している人も多く、前の会社では部全体で使用していました。
会社の幹部の人達のスケジュールも入っているのですぐに分かり、取引先とのアポを決める際にも非常に便利です。またスタッフ各自が今どの仕事をしているかも各自のスケジュール表がのぞけるので分かり、どの仕事がどういう具合にどこまで進んでいるのかのチェックもできました。
スタッフ同士でのミーティングにも使用でき、各部間での打ち合わせ時期を決めるのにも便利でした。

便利なのはこれだけではありません。会社では商品の宣伝・広告などの分野にも広く利用しているところ多く、Google、Yahoo! JAPAN、MSNなどのサイトの利用数も多いのですからやり方によれば、効果も違ってきます。

ポータルサイトの中でもGoogleの検索ロボットが検索にひっかかるかそうでないかで、宣伝・広告の効果も大きく変わってきます。
ITを利用して物を販売している人達には販売業績に直結した問題となるために、検索ロボットの存在は大きいといえます。

Leave a Reply